1. トップページ
  2. 立ちくらみの原因

立ちくらみの原因

立ちくらみの原因

立ちくらみを起こす原因は、脳を流れる血液量が少なくなることです。

座った状態から急に立ち上がったり、寝ている体勢から急に起き上がったりする時に起きやすい症状です。

これらは、脳に必要な血液量や酸素の量が不足していることが原因だと考えられます。

立ちくらみの症状

立ちくらみを起こした時の症状として、目の前が真っ暗になる、意識が遠くなるような感覚などが挙げられます。しかし、これらは一時的なものですので、脳内に血液や酸素が送られる状態になれば元に戻りますのでそれほど心配する必要はないでしょう。

立ちくらみを予防したい

立ちくらみを起こしやすいと言う人は、急に体勢を変えることは避けましょう。立ち上がる際は、何かにつかまりながらゆっくりと行うことがポイントです。

寝ている状態から急に起き上がることも、立ちくらみを起こす大きな原因となります。仰向けからいきなり起き上がらずに、最初は横向きに姿勢を変え、それから少しずつ体を起こすようにしましょう。

立ちくらみを治したい

根本的に立ちくらみの原因を解消したいという人は、血液循環を活発にする必要があります。具体的には、適度な運動をして、筋力アップを図ることです。

筋肉量が増えることによって、血液を循環させるポンプの機能が向上します。筋肉量が多いほど、代謝も上がりますので血流改善につながるでしょう。

また、締め付け感のあるソックスなどを履き、血液量が下半身に溜まらないようにするというのも一つの方法です。

PAGE TOP