スポンサード リンク

ふけの知識 ふけ、かゆみ対策

サブメニュー

ふけの原因菌

ふけは、新陳代謝によって不要になった古い角質ですが、異常にフケの量が多いという場合は、「菌」がフケの原因になっていることもあるのです。

癜風菌

癜風菌は、代表的なフケの原因菌です。痛みやかゆみなどはほとんどありませんが、頭皮の皮脂を栄養分として増殖していきますので、過剰に分泌されてしまった皮脂を綺麗に取り除くことが重要です。治療には、抗真菌薬クリーム、または抗真菌薬スプレーなどが用いられます。



マラセチア菌

脂漏性皮膚炎という頭皮湿疹の原因のひとつともいわれている菌です。初期には、フケが多くなる症状が現れます。皮脂分泌の活発な男性や、思春期の子供に多く発症が見られます。癜風菌と同様、過剰に皮脂が分泌されてしまうことが繁殖しやすい環境を作り出してしまいますので、頭皮以外でも皮脂の多い場所で増殖することがあります。

また、皮脂を脂肪酸に分解し、頭皮のかゆみや炎症も引き起こします。脂漏性皮膚炎は、症状が酷くなると膿が滲出するなどして治りにくくなってしまいますので早めに病院に行くなどの対策をとりましょう。治療には抗真菌剤や、ステロイドの塗り薬が使われるのが一般的のようです。

白癬菌

水虫で有名な白癬菌ですが、これが頭皮に感染し、頭部白癬となり、多量のフケが生じます。頭部白癬は、子供や成人女性に比較的多く見られる症状です。痒みとともに脱毛の症状が出やすくなりますので早期の対策が必要です。治療は水虫と同様、抗真菌外用薬が使われます。早期発見が肝心ですので、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。