スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりの矯正治療について

歯ぎしり睡眠中など、意識がない時に症状が起こることの多い歯ぎしり。朝、目が覚めた時に顎や歯茎に痛みがあるという方は歯ぎしりをしているのかもしれません。

歯ぎしりの原因として、歯並びや歯のかみ合わせが悪いことなどが挙げられます。歯並びが悪いことが原因になっている歯ぎしりの場合には歯列矯正も視野に入れることとなるでしょう。

歯ぎしりの症状があるにもかかわらず何の対策もとらずに放置しておくと、口腔や身体にさまざまな悪影響が及ぶことがあります。歯ぎしりは時として頭痛や肩こりの原因にもなると言われていることから、決して軽視してはいけない疾患なのです。



歯ぎしりによるダメージを最小限に留めるために使用されるのがマウスピース(マウスガード)です。しかし、マウスピースの装着によって口腔や身体へのダメージは抑えられますが、歯ぎしりの根本的な治療にはなりません。

そこで、一時しのぎではなく、歯ぎしりを根本的に治したいと考えている方におすすめなのが歯ぎしりの矯正治療です。矯正治療の期間には個人差はありますが、概ね6か月前後かかると思っておいた方が良いでしょう。矯正治療では防止装置の装着のほか、トレーニングも行われ、高い効果が期待できるとされています。

しかし、歯ぎしりの矯正治療は、残念ながら保険が適用になりません。そのため、高額な費用がかかることが予想されます。

歯ぎしりの矯正治療には、信頼できる医師を見つけることと、治療をはじめる前に主治医との綿密な打ち合わせが必須となります。