スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりは歯医者へ

歯ぎしり睡眠中に無意識に行ってしまう歯ぎしり。歯ぎしりとは、上下の歯をガリガリと強く擦りあわせたり、上下の歯を何度もカチカチと噛みしめたりという症状をいいます。

自分ではわからなかったけれど、人に指摘されて自分が歯ぎしりをしていることは分かったという方は、なるべく早めに歯医者の診察を受けましょう。放っておくと、歯が擦り減ってしまったり、歯茎にダメージを与えてしまったり、頭痛や肩こり、酷い場合には顎関節症をも引き起こすこともありうるのです。



歯ぎしりの原因はさまざまなのですが、歯の詰め物が大きすぎたり、高さが合っていなかったりということも歯ぎしりを誘引している場合が多いのです。

歯医者はまず、かみ合わせに問題がないかどうかをチェックします。大きすぎる詰め物によってかみ合わせが不適合になっている場合などは、その詰め物を作り直したり、削り直したりという作業が進められます。

また、詰め物が原因ではなく、もともとの歯並びがその原因となっている場合には歯の矯正治療も視野に入れる場合があります。その場合には費用もかなりかさみますので納得のいくまで歯医者と相談の上、治療をすすめていきましょう。

歯医者での治療をもってしても歯ぎしりの改善が見られないという方は、ストレスなどが原因になっているのかもしれません。ストレスになっている原因が思い当たる方は少しでもそれが軽減するよう努めましょう。場合によってはメンタルクリニックを受診することも良いでしょう。