スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりの予防

歯ぎしり歯ぎしりは、歯の摩耗や歯茎の損傷、頭痛、肩こりなどの原因になるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群の原因にもなることがあるため、是非予防しておきたいところです。

大きな音を伴う歯ぎしりの場合には一緒に寝ている家族の睡眠を妨害する可能性もあるので是非予防したいところです。

では、歯ぎしりの予防にはどのような方法があるのでしょうか。

歯ぎしり予防法1.マウスピースの使用

マウスピースは、一番手軽に出来る歯ぎしり予防法と言えるでしょう。

マウスピースは市販されているものもあるのですが、出来ることならば歯科医と相談の上、自分の顎や歯のサイズにきちんと合ったものを作ることが望ましいでしょう。



気になる料金ですが、保険が適用になると5000円前後で作れるようですが、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

歯ぎしりは就寝中に症状が出ることが多いので、就寝前に忘れずに装着するようにしましょう。

歯ぎしり予防法2.かみ合わせを改善する

過去に治療した際の歯の詰め物や被せ物、または入れ歯が合っていないとかみ合わせが悪くなります。そのような場合には歯科医院を受診し、きちんと適合するように治療をしましょう。

また、もともとのかみ合わせが悪いという場合には矯正治療も視野に入れる必要があります。

歯ぎしり予防法3.リマインダー

リマインダーとは目印のことです。

就寝中ではなく、何かに集中している時に歯ぎしりの症状が出ているという方におすすめの方法です。集中して作業を行う場所(たとえばパソコンなど)に目印を付けておき、その目印を見たら歯ぎしりを辞めるという癖を付けるのです。