スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりの治療

歯ぎしり一緒に寝ている家族に指摘されて初めて気づく歯ぎしり。

歯ぎしりは睡眠中などに無意識に症状が出ることが多く、自分ではわかりづらいのです。知らずに放置しておくと様々な疾患の原因となりうるので、歯ぎしりをしていることが判明したらすぐに対処し、治療する必要があります。

歯ぎしり治療の必要性

歯ぎしりは無意識に行っているため、非常に強い力で歯や歯茎、顎にダメージを与えてしまうという特徴があります。



自分が歯ぎしりをしていることに気づかずに放置していると、歯の摩耗や歯茎の炎症、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群の原因ともなりかねません。

「歯ぎしりは単にクセだから」「たかが歯ぎしりくらいで」などと思わずに、早めに治療を始めることが望ましいでしょう。

どこで治療する?

歯ぎしりは、「歯ぎしり専門外来」「口腔外科」などで治療できます。また、お近くの歯科医院でも治療が可能ですので相談してみましょう。

どんな治療が行われる?

どのような治療が行われるかは、歯ぎしりの原因によります。歯の詰め物が不適合の場合には再度詰め物を歯に合うように調整する必要があります。

また、もともとの歯並びの悪さによるものならば歯列矯正も視野に入れるべきかもしれません。

また、ストレスが原因になっている可能性もありますので思い当たる方はなるべくそのストレスを減らすようにする努力が必要となります。

歯ぎしりが根本的に完治するまでの間、歯や歯茎を守るためにマウスピースが用いられることが多いようです。