スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりによる頭痛

歯ぎしり睡眠中に無意識に行っていることが多い歯ぎしり。

朝起きた時に頭痛がするという方は歯ぎしりをしている可能性があります。

歯ぎしりは睡眠中に行っていることが多く、本人は自覚症状がないので、歯ぎしりをしていないか、家族に聞いてみると良いでしょう。

頭痛のメカニズム

頭痛の多くは頭の血管の拡張や、頭の筋肉が緊張することによって引き起こされます。また、血管が急激に拡張することによって神経が刺激され、頭痛へと移行する場合もあります。ストレスによる血行不良が原因となって引き起こされることもあります。



頭痛と歯ぎしりの関係

歯ぎしりは無意識に行うことによって筋肉に非常に大きな力が加わっていると考えられます。よって、頭痛の原因とされている「頭の血管の拡張や頭の筋肉の緊張」を引き起こす可能性があります。そのために頭痛が起きているのではないかと考えられています。

歯ぎしりによる頭痛を解消するためには

歯ぎしりは歯科医の専門分野です。歯科医院を受診し、治療をはじめましょう。歯ぎしりは無意識に行っていることが多いことから、自力で改善することは難しいのです。

マウスピースなどを装着して身体へのダメージを最小限に留めるよう努めましょう。マウスピースはバラエティショップなどでも手に入りますが、自分の歯にぴったり合っていないものを装着すると無意識に外してしまう恐れがありますので、必ず歯科医に型をとってもらい、自分専用のものを作製しましょう。

保険が適用になった場合ですと、かかる費用は5000円前後のようです。