スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

赤ちゃんの歯ぎしり

歯ぎしり歯ぎしりは、ストレスという原因を抱えた大人に起こる症状というイメージがありますが、実は歯ぎしりというのは大人だけに限って起こるものではないのです。

乳歯が生え始めたばかりの赤ちゃんが歯ぎしりをすることがあります。

赤ちゃんに歯ぎしりの症状が出たら、お母さまは心配になってしまいますよね。とくに初めてのお子さんの場合ならばなおさらです。しかし、赤ちゃんが行う歯ぎしりは成長過程において必要であることがほとんどなのでそれほど心配する必要はないようです。



個人差はありますが、おおむね生後6か月前後の赤ちゃんは、歯ぎしりをすることによって次に生えてくる歯の位置や顎の位置を定めようとしているのです。

また、赤ちゃんの場合は寝ている時だけでなく、起きている時も歯ぎしりをすることがあります。乳歯が生えそろうまでは続くことも考えられますが赤ちゃんの成長の証だと思って見守っていきましょう。

しかし、お母さまの目で見て不正咬合の心配がある場合には、乳歯が生えそろったころに小児歯科医に相談してみると良いでしょう。

また、乳歯が生えそろった後もなお歯ぎしりが続くような場合にも小児歯科医に相談が必要です。歯ぎしりによって乳歯が擦り減ってしまったり、歯神経に炎症が起きてしまったりする可能性もあります。治療が必要な場合もあるでしょう。

子供にとって歯はとても大切なものです。

顎の発育や歯列に影響していることも考えられますので少しでも気になる症状があるときには放っておかずに小児歯科を受診することをおすすめします。