スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりの種類

歯ぎしりひとくちに「歯ぎしり」といっても、症状によっていくつかの種類に分けられます。

歯ぎしりの種類1.グラインディング

歯ぎしりの中でももっとも多く見られる症状です。上の歯と下の歯を強くこすり合わせ、ガリガリという大きな音を生じます。眠っている時に起こるので自分ではわからず、人に指摘されて初めて気づく人も多いようです。



歯や歯茎への影響も大きく、酷い場合は頭痛や肩こりなどの原因にもなりうるので、歯ぎしりを専門に診ている医師のもとで治療をすすめましょう。

歯ぎしりの種類2.タッピング

上と下の歯を合わせてカチカチと音をたてる状態をタッピングといいます。グラインディングと違って、歯の損傷を招くほど大きな影響はないと考えられます。しかし「どうしても気になるので治療したい」という方は歯科医に相談の上、マウスピースなどで対症療法を行うと良いでしょう。

歯ぎしりの種類3.クレンチング

上下の歯を合わせた状態で喰いしばる症状をクレンチングといいます。上に記した2つの歯ぎしりと同様、無意識の状態で起こることが多いようです。

クレンチングの原因として、ストレスによる顎周辺の筋肉が緊張することで起こることが考えられます。何かに集中しているときに症状が起こることが多いので、時々手を休めて症状を自覚することが大切です。

強く喰いしばることによって歯周病を悪化させてしまう場合もあるので歯科医の診察を受けることをおすすめします。