スポンサード リンク

歯ぎしりを知る 歯ぎしりの悩み 歯ぎしりの対策

サブメニュー

歯ぎしりとは?

歯ぎしり歯ぎしりとは、上下の歯同士を擦り合わせたり、噛みしめたりという動作のことを言い、咬合神経症と呼ばれることもあります。

歯ぎしりは睡眠中に無意識のうちに行っている場合が多いようです。実際に歯ぎしりをしている人を見たことのある方はおわかりかと思いますが、かなり強くこすり合わせていることが多いのです。

無意識のうちに行っていることで、歯ぎしりによる顎や歯の負担も相当なものになってしまう恐れがあります。症状が酷い場合には歯が擦り減ってしまうこともあるようです。



歯ぎしりの原因としてストレスや不安など、心因性のものが挙げられますが、それ以外にも歯の治療によるかみ合わせの不適合なども歯ぎしりの原因となる場合があります。

歯ぎしりを放っておくと、歯周病の悪化、肩こり、頭痛、眩暈など様々な不快症状を引き起こしてしまう恐れがあります。したがって、たかが歯ぎしりと、あなどってはいけないのです。

歯ぎしりの症状がある方は、口腔外科または歯科医院を受診し、治療をはじめましょう。

歯ぎしりの治療はさまざまです。

マウスピースなどでの対症療法をはじめ、かみ合わせの改善、薬物療法などが行われます。東洋医学を採用している医院では漢方や針灸などの治療が行われているようです。

どのような治療法を行っていきたいのか、担当の医師に相談すると良いでしょう。

当サイトでは、歯ぎしりの知識、歯ぎしりが与える心身への影響、対策法など詳しくご紹介していますので、是非お役立てください。