1. トップページ
  2. 酷い足のむくみは病院へ

酷い足のむくみは病院へ

酷い足のむくみが長く続いているあなた。何もせずにこのまま放っておくと、大変なことになるかもしれません。

酷い足のむくみは病院へ

いつも履いている靴が履けない、太ったわけではないのに、明らかに足が太くなっている、マッサージやストレッチ、ツボ刺激など、あらゆるむくみ対策をとっても一向に足のむくみが解消されない。また、トイレの回数が激減したという人は、病院での受診を視野に入れる必要があるかもしれません。



酷い足のむくみは病院へ:何科を受診?

「足のむくみが酷いけれど、何科を受診したらよいのだろう」

そんな風に思っている方は少なくないでしょう。足のむくみの症状は、内科で診察が受けられます。病院によって差はありますが、超音波検査など比較的簡単な検査でむくみを診察出来るようです。

酷い足のむくみは病院へ:病気の可能性について

足のむくみが酷いという場合、原因の一つとして考えられるのが腎機能低下です。

腎臓というのは、身体に不必要なものを体外へと排出するための濾過機能の役割を担っています。しかし、腎機能が低下することによって、この濾過機能が働かなくなり、身体の不要物が排出されずにとどまってしまうのです。

腎機能低下は、悪化してしまうと最悪の場合、一生、人工透析が必要な生活を送らなくてはならない事態にまで発展することもあるのです。したがって、たかが足のむくみなどと思わず、早めに病院を受診することが賢明です。

PAGE TOP