1. トップページ
  2. 夏に多い足のむくみ

夏に多い足のむくみ

夏になると足のむくみが気になるという人、いませんか?

夏の足のむくみ:原因

むくみとは、体の中の余分な水分がうまく排出できずに皮下組織に溜まってしまう症状です。

むくんでいるかどうかの目安は、足首と膝の中間くらいの部分を指で数秒押し、指の跡のくぼみがすぐに消えるか消えないかです。すぐに消えないという人は、足がむくんでいる状態だといえるでしょう。

夏に足がむくむという人は、水分の摂取量が多すぎる可能性があります。足のむくみが気になる人は、喉の渇きを癒そうと冷たい飲み物をガブガブ飲むことは避けた方が賢明です。

冷たい飲み物はむくみだけでなく、内臓の機能にも影響してしまいますので、常温か、あたたかい飲み物を少しずつ摂るようにしましょう。



夏の足のむくみ:対策法

夏の足のむくみを予防するためには、余分な水分をうまく排出させることがポイントです。

余分な水分を排出するには、カリウムの摂取が非常に効果的です。カリウムは、スイカ、トマト、胡瓜などに多く含まれます。お気づきの人もいるかと思いますが、これらは夏野菜です。むくみやすい夏の身体には夏野菜が適しているというわけです。

また、塩分の摂取にも注意が必要です。体は余分な塩分が入ると、その塩分濃度を薄めようとして水を貯えようとします。塩からいものを食べたあとは、喉が渇き、水を沢山飲みますよね。それと同様の現象が体内でも起こるわけです。したがって、夏の足のむくみ対策として、水分の摂り方と、塩分摂取量に気を付けることがとても大切なのです。

PAGE TOP