1. トップページ
  2. 足のむくみと病気について

足のむくみと病気について

足のむくみで困っているというあなた。「体質だから」などと軽視してはいませんか?

ただの「むくみ」だと思っていても、実は病気が隠れているかもしれません。

足のむくみと病気:下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、足のむくみにはじまり、足がつる、疲れやすい、また、足の血管が、ぼこぼこと膨らんでしまう症状がみられる病気です。

健康な人は、足がむくんだとしても、体を動かすなどすれば元に戻りますが、この病気の場合、血液の逆流防止弁が壊れやすく、血液がたまってしまい、その結果静脈がボコボコとした形状に膨らんでしまうのです。

足のむくみだけでなく、足の血管が浮き出て見えたり、頻繁に足がつったり、足がだるく重いなどの症状が見られる場合には、下肢静脈瘤の可能性を捨てきれません。すみやかに病院を受診しましょう。



足のむくみと病気:血栓症

血栓症とは、血管に血栓が出来る事が原因で臓器に必要な血液が行きわたらなくなる病気です。数年前に問題になったエコノミー症候群も、この血栓症のひとつです。

血液というのは、きちんと流れていれば固まることはないのですが、流れが停滞してしまうと固まる可能性が高まってしまいます。日頃から、血流アップの対策をとっておくことが望ましいでしょう。

足のむくみと病気:甲状腺機能低下

甲状腺機能低下とは、ホルモンを司る器官である甲状腺が健全に機能せず、身体にあらゆる不調を招く病気です。女性に多く発症します。

手足のむくみだけにとどまらず、顔のむくみ、倦怠感、低体温、皮膚の乾燥などの症状が見られる場合には、すみやかに病院を受診しましょう。

PAGE TOP