洗っても取れない足の臭いに悩まされたら見直すべき8つの事

洗っても足の臭いが取れないのは、ケアが不十分だから!

 

足の臭いが取れなくてがっくり

毎日お風呂場で足をゴシゴシ。ちゃんと綺麗にしているはずなのに、洗っても洗っても臭いが取れない!

 

 

こんな状況に悩んでいませんか?

 

 

私も足の臭い対策を始めた当初は、「とりあえず足を洗えば何とかなる!」と思っていました。

 

 

でも、そうじゃなかった!

 

 

足の臭いは汗が雑菌によって分解される事によって生じるので、足のケアが不十分だったり、靴のケアを疎かにしていたりすると、いくら足を洗っても足の臭いは解決しないんです!

 

 

足のケアが不十分だと雑菌の増殖スピードがアップ!

 

足の裏を見てください。雑菌の大好物がそのままになっていませんか?

 

 

角質の処理を忘れていませんか・・・!?

 

ガチガチのかかと

 

足の裏は身体の中で一番角質層が厚くなっている部分です。この表面が、毎日の新陳代謝や摩擦によって剥がれ落ちます。

 

 

この剥がれ落ちたもの、つまり「垢」が菌の大好物となり、どんどん増殖します。

 

 

カカトをよ〜く見てみると、薄くひび割れていませんか?その部分も雑菌は大好きですからねっ!

 

 

しかも、足は常に靴や靴下で高温多湿状態になっています。汗がこもった温かい環境は雑菌の大好きな環境です。

 

 

蒸れた環境は角質が剥がれやすいので、快適な環境の雑菌に大好物を与え続ける事になってしまうのです。

 

 

爪に垢が溜まっていませんか・・・!?

 

爪垢たまってない?

爪の裏側にこびりついているくっさ〜〜〜い垢!垢の材料は新陳代謝で出た角質や皮脂やゴミが固まったものなのですが、この垢も雑菌の大好物です。

 

 

そのものがクサイだけでなく、足の臭いも強くしてしまいます。

 

 

靴のケアを疎かにすると雑菌がぬっくぬく天国に!

 

  • 仕事から帰ってきて靴を玄関に脱ぎっぱなし。
  • 下駄箱にしまってすぐに扉を閉める。

 

こんな事していませんか?

 

きたない下駄箱

昔は親に「脱ぎっぱなしにするな!ちゃんと靴を下駄箱にしまえー!」なんて言われたものです。そういう経験がある場合はすぐに下駄箱にしまう習慣があるかもしれません。

 

 

足は汗腺が多く、毎日コップ1杯分の汗をかくという事は当サイトでも何回か触れていますよね。

 

 

で、その汗の行き着く先は靴です。靴は毎日足から出た汗を大量に吸い込んでいます。

 

 

また靴下の隙間から逃れた角質や垢も靴に溜まっていきます。それがその日の夜の雑菌の活動をさらに活発にします。

 

 

夏場は特に、靴を脱いでも依然として雑菌にとって快適な環境です。下駄箱にしまってすぐに扉を閉めたらヤバイってことが分かりますよね。

 

 

ではどうすれば雑菌天国を防ぐ事ができるのか!?足と靴のケア方法について説明します。

 

 

足にするべき2つのケア!

 

足の指

 

足の臭いを抑えるためには「汗」「雑菌」の対策を同時に行わなければなりません。

 

 

まず、足の角質と爪の垢はこまめに取り除きましょう。角質の除去は専用のヤスリで優しく行うか、ピーリングジェル、スクラブソープなどを利用すると良いです。

 

 

>>>角質の除去についてもっと詳しく

 

 

爪の裏の垢に関しては間に合わせで歯ブラシを使っても良いですし、それでも落ちない垢は耳かきのような形をした専用のスティックを使用するとごっそりとあのクサイのが取れます!

 

 

>>>くっさい爪の垢の除去についてもっと詳しく

 

 

角質と爪の垢の除去をしっかりと行えば、雑菌のエサが減ります。エサが減れば、雑菌の繁殖を抑える事ができ、大幅な臭い軽減につながるわけですねっ。

 

【まとめ】重要な足のケア2つ
  • 角質のケア
  • 爪の垢の除去

 

靴にするべき6つのケア!

 

靴のシルエット

 

続いて私がいつも実践している靴のケアです。

 

 

靴には汗を吸収しやすいインナーソールを敷いてください。これだけで足の蒸れ方が随分違います。

 

 

ただし、インナーソールを使う時は同じサイズのものを複数用意して、ローテーションしてください。一日使用したインナーソールは必ず取り出して、どこかにぶら下げて乾燥させましょう。

 

 

続いて、靴屋さんに売っている除菌・消臭スプレーをシュッシュ!その後しっかり乾燥させます。扇風機を当てたり、乾燥剤を使用すると効果的です。

 

 

靴箱にしまう場合は新聞紙を敷き、その上に靴を乗せます。こうすると、新聞紙が靴の吸った汗を吸収しやすくなります。新聞紙は定期的に交換しましょう。

 

 

また、完全に乾き切らないまま靴を履いてしまっては効果半減なので、できれば3足程靴を用意し、インナーソールと同じくローテーションで使用してください。

 

 

乾燥対策を徹底することで、足の臭いを大幅に減らす事ができます。

 

【まとめ】重要な靴のケア6つ
  • インナーソール(中敷き)を使用する
  • インナーソールを使用したら乾燥させる
  • 除菌・消臭スプレーを使用する
  • しっかり乾燥させる
  • 靴箱に新聞紙を敷いて、靴を置く
  • 毎日同じ靴を履かない

 

今までお話した8つの対策をしっかり実践することで、足の臭いはかなり軽減されます。

 

 

爪や角質ケアは毎日やらなくても良いですが、靴のケアは出来る限り毎日やるようにしています。

 

 

私の場合、玄関の近くにヒモを渡しておいて、洗濯バサミをセットしています。

 

 

家に帰ったら靴を脱ぎ、その流れで中敷きをそこに干し、靴を新聞紙の上に置いて消臭剤をシュッシュ!サーキュレーターを上下左右の首振りにして4時間にセットしています。

 

 

ただ、絶好調の時は旦那の靴も合わせて5分程で出来るのですが、荷物が多かったり疲れている時はどうしても対策が疎かになったりショートカットしたりしてしまう事もあります('A`;)

 

 

サボった次の日は臭いが気になる。でも、しっかり対策していても臭いが気になる時もある。

 

臭い・・・。

サボった日、ショートカットしちゃった日は次の日の足の状態によっては結構臭ってしまいます。それは当たり前ですよね。

 

 

でも、しっかり対策をしても、臭ってしまう日もあるんです。

 

 

もちろん、強烈な「もわんっ」とまではいきませんが、仕事が忙しかったり、朝早くから夜遅くまで1回も靴を脱ぐ事が出来なかった時などは臭いが気になる事もあります。

 

 

それは、いくら靴や足をケアしても、完全に雑菌をなくす事はできないし、足の裏の汗をコントロールすることは出来ないからです。

 

 

そういう、ケアの範疇を超えた臭いに関しては「もう仕方がない」と諦める選択肢もあるんですけど、そうもいかないシチュエーションもありますよね。

 

 

「仕事の後にお座敷で飲み会」は本当に困ります。

 

 

あとは泊まりの出張などで靴や中敷きのローテーションが出来ない場合もあります。サボった日やショートカットしてしまった日と同じ状態ですね。

 

 

そんな時は、足の裏の汗をピタッと止める制汗に特化したローションや、制汗・消臭・殺菌効果のあるクリームなど、汗対策&臭い対策のグッズを持っていると本当に助かります。

 

 

私も旦那もここぞ!という時に使用しています。

 

 

>>>制汗特化?オールインワン?足の臭いを強力に抑える対策グッズ。

関連ページ

足の臭いは根本的に治す事はできるの?
なんで私だけこんなに足が臭いの?根本的に治す事はできないの?もう足の臭いに悩みたくない・・・。こんな風に思っていませんか?足のにおいは病気じゃないので治す事はできません。でも、目立たなくすることは出来ます。
サンダルを履くと足が臭い!注意点とお手入れ方法。
一見通気性が良く思える「素足+サンダル」ですが、実は臭い対策としてはマイナスの組み合わせ!サンダルを履く時の注意点とお手入れ方法を説明しています。
旦那の足が臭い!と思った時にあなたがやるべきこと。
旦那さんの足のにおいに悩まされている人って結構いますよね。足の臭いに無頓着な旦那さんの場合、臭いを回避するためにはあなたが対策をする必要があります。最低限やるべき事を説明しています。